借金問題を解決するには自己破産しか無いの?

自己破産

借金を0にし解放されるには自己破産しかないと思われがちですが、
その他にも方法はあります!

 

自己破産まではしたくない、財産は手放したくないと考えている方は、
任意整理民事再生といった方法の解決策があります。

 

自己破産することで借金は帳消しできます。、
もし滞納していた家賃があれば、それも支払わなくて大丈夫です。

 

しかし手放さなければならないものは、家や車だけでしょうか?

 

自己破産によるデメリットは、ブラックリストに載ってしまうので新規にカードを作ることができなくなります。
新居を構えるために住宅ローンを組もうと考えていても、住宅ローンを組むことも出来ません。

 

また面倒ですが、引越しや長期に渡る旅行の場合には裁判所に許可をとる必要があります。
自己破産申請をすると、破産手続きから免責が許可されるまで数ヶ月間、
職業や資格が制限されてしまう弊害もあります。

 

自己破産は債務整理の中でも最終手段

もうどうしようも返済できない状況の場合は自己破産しかないケースもありますが、
自己破産は失うものも大きく、借金返済の最終手段と考えて置いた方が良いです。

 

借金問題を解決する方法は自己破産以外にもありますから、まずは弁護士などの専門家に
現在の借金の状況を分析してもら一番ベストな解決策を提示してもらうことが重要です。

 

自分勝手に判断せず、専門家に相談しアドバイスをもらいましょう。

 

↓↓借金問題は一人で悩んでいても解決しません。早めの対応が大切です!↓↓

借金相談ホットライン

>>借金返済に困ったら、まずは借金相談ホットラインを利用!!<<


借金問題解決の関連ページ

借金問題解決の計画を立てたいなら ▶▶【借金整理相談

債務整理に付いて詳しく知りたいなら ▶▶【債務整理相談

任意整理に付いて詳しく知りたいなら ▶▶【任意整理相談

過払い金に付いて詳しく知りたいなら ▶▶【過払い金整理相談

 

事務所選びに困ったら、まずは匿名無料診断を行ってみる!

街角法律事務所

最適な弁護士すぐに見つけたいなら街角相談所-法律-無料相談シミュレーター最適です!
・全国の法律事務所を一括比較して、自分の条件に合った弁護士を探せます。
無料借金減額シミュレーターなら、何から行ったら良いかわからない方でも
 最適な法律事務所を全国から探してくれるので後は自分の条件を入力するだけで行えます。

街角法律事務所

>>街角相談所-法律-の相談シミュレーターはコチラから無料で試せます!<<


任意整理とは!自己破産しない債務整理のことです。

任意整理

借金を抱えている人が、返済不能になると無料相談などで行くことが多くあります。

 

その無料相談で、まずすすめられるのが債務整理です。

 

自分の今の借金を、債務整理することで法的な措置をすることもできます。

 

債務整理の中で、全ての債務を無効にするのが自己破産です。

 

しかし、こちらは債務が無効になる代わりに自分の資産なども全てなくなることになります。

 

持ち家や、自動車などはその対象になります。

 

持ち家などを残したい場合の債務整理は、自己破産ではない方法を選択できます。

 

それが、任意整理になります。

 

任意整理とは!任意整理の内容

任意整理とは、債権者との和解交渉で返済ができる金額まで交渉をしていくことです。

 

自己破産ではないために、和解交渉をして成立しても返済の義務はあります。

 

しかし、返済金額は当初の金額よりも減額しているため返済は可能となります。

 

その和解交渉には、弁護士や司法書士が行ってくれます。

 

依頼費用が、交渉する債権者1社当たりの金額で加算されます。

 

まず、着手金が1社当たり2万円くらいになり、交渉してもらう費用も同じく2万円くらいが相場です。

 

そして、減額報酬として、減額された金額の20%程度別に支払うことになります。

 

任意整理とは、借金を減額すると同時にその期間も短縮していきます。

 

そのために、費用は交渉する相手が多くなるほど加算されていきます。

 

また返済期間は通常は3年になるようにしていますが、高額な場合は期間が5年になることがあります。

 

任意整理では、自分で整理したい債権者を選択できます。

 

弁護士や司法書士にかかる費用は、事務所によって様々なので、まずは無料相談で詳細を確認してみましょう。


【任意整理ラボ】の関連記事

任意整理を行う際、法律問題や諸手続きなど難しい問題が多いので専門の弁護士に相談して、整理を行ってもらった方が良いです。その場合に気になるのが、弁護士かかる経費(費用)です。あまりに高すぎると、費用が払えないと言うことにもなりかねません。任意整理を頼むのにお勧めの弁護士は、費用がはっきりとしている弁護士を選べば間違いありません。費用が曖昧であり、かつ後から追加料金を請求するような弁護士を選んではいけ...

任意整理を行う場合、最も重要になるのが消費者金融との債務軽減の交渉になります。この交渉次第で、これから支払う債務の残金が決定する訳ですから出来るだけ減額できた方が支払いも楽に済みます。交渉は自分で行うことも可能ですが、素人が行うと舐められるケースが良くあります。交渉は場数である経験値が重要ですので、そこは専門の弁護士か司法書士に依頼した方が懸命です。弁護士か司法書士に依頼すれば、消費者金融と直接交...

任意整理の順序や内容は基本的には同じなのですが、会社が任意整理を行うということは、会社にとって非常に大きな意味を持ちます。個人の場合は債務を減らし新たな生活をスタートさせるといった意味合いが強いですが、会社の任意整理の場合は、少々事情が違って来ます。会社が任意整理を行う意味は、それは倒産するのを避けるということです。会社の業績が悪化して立ち行かなくなった場合には、通常は民事再生か自己破産を選択する...

毎月の返済が大変で、このままでは返済が出来なくなるということで、債務整理をすることにして任意整理をすることにしました。それで弁護士または司法書士の法律家に依頼することにしました。債務整理の中で任意整理を選びました。弁護士は依頼者と毎月の返済可能額を話し合い、3年間で完済できる額まで債務を減額して、その額で債権者と交渉をするべく債権者側に着任通知を送ります。着任通知を受け取った金融業者は、依頼者に弁...

弁護士や司法書士の先生に任意整理の交渉を行ってもらうためにはお金(経費)が必要になります。どれぐらいの費用がかかるのかというのは、弁護士や司法書士事務所によって違います。ただ、基本的に弁護士にかかる費用より、司法書士の先生にかかる費用の方が低めに設定されている事務所が多いです。弁護士でなければ解決できない場合は除きますが、殆どの債務整理の問題は司法書士事務所でも解決可能なので、まずは困ったら司法書...

毎月のローンの返済がきつくて、返済が大変になってきたので、弁護士に相談して、任意整理を進めることにしました。それでクレジットカードの方を整理するとカードが使えなくなるので、自動車ローンだけを任意整理することにしました。それで弁護士に任意整理を頼んで、弁護士の先生が着手開始しました。弁護士の先生は、債務をいくらまで減額するかを依頼者と話をして決めます。それで決まった額で、業者と交渉に当たります。弁護...

経営状態が悪化し、債務が膨らんで解消が困難になった法人は、債務整理によって債務の返済方法を変更してもらったり、債務自体を減免してもらうことになります。法人が取ることができる債務整理の方法のうち、裁判所を通した法的手続きを経ずに債務を整理するのが、任意整理と呼ばれる方法です。法人が任意整理を実行する時法人が任意整理を行う場合には、留意すべき点がいくつかあります。まず、金融機関などの債権者と交渉を行う...

任意整理後の生活で、住宅ローンやクレジットカードを使ってはいけないという法律はありません。ところが、任意整理をすると個人信用情報に「異動」という記録が残り、いわゆるブラックリストに載った状態になるので、金融機関の審査に通らなくなり、実質的に住宅ローンやクレジットカードはしばらくの間は使えない状態になります。任意整理の記録が個人信用情報に残る期間は、およそ5年間ですので、その間はおとなしくしているこ...

複数の金融会社からたくさんの借金をして自転車操業に陥ってしまっている場合は、自力で抜け出すことは容易ではありません。おまとめローンをすることなどによって負担が軽くなることもありますが、それもできないという場合は債務整理を行うことで借金地獄から抜け出すことができます。そのときに心配なのが家族への影響です。信用情報機関に債務整理を行ったことがあるという情報が記載されて、家族の将来に影響が出ないかが不安...