任意整理の個人と法人の違い

借金問題解決

任意整理の順序や内容は基本的には同じなのですが、
会社が任意整理を行うということは、会社にとって非常に大きな意味を持ちます。

 

個人の場合は債務を減らし新たな生活をスタートさせるといった意味合いが強いですが、
会社の任意整理の場合は、少々事情が違って来ます。

 

会社が任意整理を行う意味は、それは倒産するのを避けるということです。

 

会社の業績が悪化して立ち行かなくなった場合には、
通常は民事再生か自己破産を選択するようになるのですが、

 

民事再生にしても自己破産にしても会社のイメージを大きく損なうのは間違いありません。

 

そうならないために会社でも、任意整理をする選択が可能になります。

 

会社の任意整理の意味とは何

しかし会社単位で任意整理を行う場合、裁判所を通すことなく整理を行えますし、

 

社会的に任意整理の情報は出て来ないので、社会的信用が下がることも
会社のイメージが落ちることもないわけです。

 

もちろん、法人でも任意整理を行えば、信用情報機関のリストには
載ってはしまいますので、新規でのローンなどは組めなくなってしまいます。

 

しかし借金が膨らみ倒産のリスクに比べれば、問題のリスクは小さいといったレベルであり、
任意再生を選択す中小事業主の方はいますす。

 

要するに法人の任意整理は、倒産することなく会社を立て直す手段だと言えます。

 

↓↓借金問題は一人で悩んでいても解決しません。早めの対応が大切です!↓↓

借金相談ホットライン

>>借金返済に困ったら、まずは借金相談ホットラインを利用!!<<


借金問題解決の関連ページ

借金問題解決の計画を立てたいなら ▶▶【借金整理相談

債務整理に付いて詳しく知りたいなら ▶▶【債務整理相談

任意整理に付いて詳しく知りたいなら ▶▶【任意整理相談

過払い金に付いて詳しく知りたいなら ▶▶【過払い金整理相談