経営が悪化した法人が任意整理を受ける場合に留意すべき点とは

借金相談

経営状態が悪化し、債務が膨らんで解消が困難になった法人は、債務整理によって債務の返済方法を変更してもらったり、債務自体を減免してもらうことになります。

 

法人が取ることができる債務整理の方法のうち、裁判所を通した法的手続きを経ずに債務を整理するのが、任意整理と呼ばれる方法です。

 

法人が任意整理を実行する時

法人が任意整理を行う場合には、留意すべき点がいくつかあります。

 

まず、金融機関などの債権者と交渉を行う場合は自分だけで行わずに、
弁護士に依頼して代行をしてもらうべきであるということです。

 

債務者である法人自身が直接金融機関などの債権者と交渉しても、まともに話を聞いてもらえなかったり、
話を聞いてもらえたとしても、債権者に有利な条件に引き直される可能性が高いためです。

 

この留意点は、個人が行う任意整理と同様のものです。

 

また、任意整理が推奨されるのは、債権者の数が少なく、
かつ債権者との個別交渉で返済額や返済期間について合意がえられる可能性が高いと考えられる場合のみです。

 

任意整理の手続きを進めるには、原則として全ての債権者からの合意が必要であり、
もし債権者の数が多いと、個別の交渉だけでも時間がかかり、交渉を代行する弁護士はもちろん、
債務者にとっても負担が大きくなるからです。

 

↓↓借金問題は一人で悩んでいても解決しません。早めの対応が大切です!↓↓

借金相談ホットライン

>>借金返済に困ったら、まずは借金相談ホットラインを利用!!<<


借金問題解決の関連ページ

借金問題解決の計画を立てたいなら ▶▶【借金整理相談

債務整理に付いて詳しく知りたいなら ▶▶【債務整理相談

任意整理に付いて詳しく知りたいなら ▶▶【任意整理相談

過払い金に付いて詳しく知りたいなら ▶▶【過払い金整理相談


【任意整理ラボ】の関連記事

任意整理を行う際、法律問題や諸手続きなど難しい問題が多いので専門の弁護士に相談して、整理を行ってもらった方が良いです。その場合に気になるのが、弁護士かかる経費(費用)です。あまりに高すぎると、費用が払えないと言うことにもなりかねません。任意...

任意整理を行う場合、最も重要になるのが消費者金融との債務軽減の交渉になります。この交渉次第で、これから支払う債務の残金が決定する訳ですから出来るだけ減額できた方が支払いも楽に済みます。交渉は自分で行うことも可能ですが、素人が行うと舐められる...

任意整理の順序や内容は基本的には同じなのですが、会社が任意整理を行うということは、会社にとって非常に大きな意味を持ちます。個人の場合は債務を減らし新たな生活をスタートさせるといった意味合いが強いですが、会社の任意整理の場合は、少々事情が違っ...

毎月の返済が大変で、このままでは返済が出来なくなるということで、債務整理をすることにして任意整理をすることにしました。それで弁護士または司法書士の法律家に依頼することにしました。債務整理の中で任意整理を選びました。弁護士は依頼者と毎月の返済...

弁護士や司法書士の先生に任意整理の交渉を行ってもらうためにはお金(経費)が必要になります。どれぐらいの費用がかかるのかというのは、弁護士や司法書士事務所によって違います。ただ、基本的に弁護士にかかる費用より、司法書士の先生にかかる費用の方が...

毎月のローンの返済がきつくて、返済が大変になってきたので、弁護士に相談して、任意整理を進めることにしました。それでクレジットカードの方を整理するとカードが使えなくなるので、自動車ローンだけを任意整理することにしました。それで弁護士に任意整理...

経営状態が悪化し、債務が膨らんで解消が困難になった法人は、債務整理によって債務の返済方法を変更してもらったり、債務自体を減免してもらうことになります。法人が取ることができる債務整理の方法のうち、裁判所を通した法的手続きを経ずに債務を整理する...

任意整理後の生活で、住宅ローンやクレジットカードを使ってはいけないという法律はありません。ところが、任意整理をすると個人信用情報に「異動」という記録が残り、いわゆるブラックリストに載った状態になるので、金融機関の審査に通らなくなり、実質的に...

複数の金融会社からたくさんの借金をして自転車操業に陥ってしまっている場合は、自力で抜け出すことは容易ではありません。おまとめローンをすることなどによって負担が軽くなることもありますが、それもできないという場合は債務整理を行うことで借金地獄か...